ヨシブロ

好きなもの、新しく知ったこと、思い出になったことなどざっくりアウトプット(定期更新頑張りたい...)

AWS 認定クラウドプラクティショナーになんとか合格した話

1.はじめに

実務で触りつつあるAWSの理解度を形にしたく、
認定資格を受けてきました。
まずは認定資格の中でも「基礎的」な位置付け
 
Cloud Practitioner(クラウドラクティショナー)

お恥ずかしながら一発合格といかなかったので、
備忘録・上位資格こそ一度で取るための戒めとして、
体験記を残しておきます。

 

2.Cloud Practitioner(クラウドラクティショナー)って何?

認定サイトの公式ページを見てもらうのが一番。

aws.amazon.com

以下のようにプロフェッショナル・アソシエイトに次ぐ、
基礎コースの位置付け。

f:id:zaki_tennis:20200329015037p:plain

 

3.一度目の受験

3-1.やっていたこと

3-2.試験の結果
ドン!
不合格!残念!

f:id:zaki_tennis:20200329023818p:plain

あと20点だと...ざけんなー!と思いつつその日はトボトボ帰宅。

 

4.二度目の受験

「基礎なのに取れなかったの?」と言われたら癪なので、
早々にもう一度受験を決意。

4-1.記憶の新しいうちに振り返り

  • 印象に残った用語、サービス
    - 弾力性
    - 責任共有モデル
    - 総所有コスト (TCO) ※オンプレからAWSに移行する時に何を考慮するか
    - リザーブインスタンス(RI) ※オンデマンド、スポットとの比較
    AWS Artifact / AWS Storage GatewayAWS Snowball

  • 所感
    問題はそこまで難しいとは思えなかったけど、選択肢を絞り切ることができてなかったかもしれない。SnowballかSnowmobileのどっちだっけなー、って場面はあった。
    でも、少し勉強し直してもう一度受ければ大丈夫そう

4-2.次回試験日を予約

  • 業務が忙しくても問題ない3週間後をスコープに予約

  • 受験会場も変えて気持ちをリフレッシュ
    (後でTLを見たら銀座はとても綺麗らしいので次回はそっちにしてみよう)

 4-3.やっていたこと

  • 「3-1.」でやっていたこととほぼ同じ

  • AWSの無料枠は既に期限が切れていたのでハンズオンは特にしてない

  • クラスメソッドの試験に関する記事やサービスの中身を確認

    dev.classmethod.jp

4-4.試験の結果
ドン!
合格!OK!

点数は直ぐに分からなかったけどAWSからも試験結果反映に最大5日掛かると言っているのでしょうがない。とにかく合格だから良いのだ。

 

5.次の試験に向けて

  • ソリューションアーキテクト – アソシエイト(SAA-C02)
    - Udemyの勉強も含めてまずはこちらから受験かな

  • SysOps アドミニストレーター – アソシエイト(SOA-C01)
    - SAA同様試験内容も変わるかもしれないので、直ぐの受験はしないかも

いずれも試験を受けるにはもう少しサービスに触れたり知識を増やす必要があるなあ。
潰れない程度に取り組んでいきますよと。